HOME>オススメ情報>審美性はやや劣りますが、費用を抑えた治療が受けられます

保険適用の治療が受けられます

歯型

糖尿病などの持病がある人は、健康な人に比べると歯周病に罹りやすい傾向があります。丁寧なブラッシングを心掛けていても、歯周病が進行して抜歯が必要になることもあります。大切な歯を失ってしまうと、部分入れ歯などの義歯で失った機能を、回復させる必要があります。部分入れ歯は金属のばねが付いており、残っている歯に掛けて固定をします。ブリッジとは違って、取り外すことが出来ます。部分入れ歯はコストを重視しているので、審美性は劣りますが、保険適用が受けられるので費用を抑えることが出来ます。残っている歯が多い場合は、比較的治療期間も短いのが特徴です。3割負担の治療になるので、高額になる心配はありません。

高い技術を持った歯科技工士が担当します

歯

部分入れ歯はばねが見えてしまうので、審美性は劣りますが、総入れ歯に比べると歯をしっかりと固定できます。食事をする時は、必ず部分入れ歯を装着することが大事です。歯が抜けたままの状態にしておくと、顎の骨が痩せてしまいます。歯が少しずつ動いて、歯並びが乱れてくる可能性があるので、早めに部分入れ歯の治療を受けるのをお勧めします。信頼できる歯科クリニックを選ぶと、高い技術を持った歯科技工士が担当してくれます。

顎が痩せてくると作り直す必要があります

女性

地元で評価の高い歯科クリニックを選ぶと、診察や検査に時間を掛けてくれるので、安心して通院が出来ます。部分入れ歯は職人的な技術が必要なので、腕の良い歯科技工士に製作をしてもらう必要があります。顎の骨が痩せてくると、部分入れ歯が合わなくなることもあります。痛みや違和感を覚える場合は、新しい入れ歯に作り直す必要があります。優良な歯科クリニックを選ぶと、治療後のアフターケアも丁寧なので、安心して通院が出来ます。

広告募集中