クラスプという金属のばねが付いています

男女

虫歯や歯周病が進行すると、抜歯が必要になってしまいます。歯が抜けた状態で放置をすると、歯が少しずつ動いて歯並びが変わってしまったり、歯が傾いてしまうこともあります。顎の骨が痩せてしまう原因にもなるので、義歯を使って補う必要があります。部分入れ歯はクラスプという、金属のばねが付いているのが特徴です。入れ歯が浮いてこないように、残っている歯に掛けてばねで固定をしています。部分入れ歯は保険適用が受けられるので、費用は5千円から、1万4千円前後です。信頼できる歯科医師が在籍をしているクリニックを選ぶと、診察や検査に時間を掛けてくれるので安心して通院が出来ます。高い技術を持った歯科技工士が在籍をしている、歯科クリニックがお勧めです。

残っている歯が多い場合に治療を行います

部分入れ歯

部分入れ歯は総入れ歯に比べると、費用を抑えた治療を受けることが出来ます。30代以降の年齢になると、歯周病に罹る人が増えてくるので、部分入れ歯を装着している人が少なくありません。抜歯が必要になると、部分入れ歯を勧められることが多いです。残っている歯の本数が多い時は、部分入れ歯の治療を行うのが一般的です。歯の本数が少しずつ減少してくると、総入れ歯の治療を行うことが多いです。部分入れ歯は専用の洗浄剤が販売されているので、清潔を保つ必要があります。

費用を抑えた治療が受けられます

診療室

部分入れ歯はきちんと除菌をして、衛生的に使用する必要があります。残っている歯を虫歯や歯周病から、守るためには丁寧なブラッシングをしたり、歯間ブラシなどを使ってお手入れをすることが大事です。部分入れ歯はインプラントに比べると、審美性は劣りますが、費用を抑えた治療が受けられるなどのメリットがあります。ブリッジの治療が出来ない場合は、部分入れ歯を勧められることが多いです。自分の歯の形状に合った入れ歯を製作してもらえます。

総入れ歯に比べると、慣れるのが速いです

女性

30代、40代ぐらいの年齢になると、虫歯や歯周病が進行して、部分入れ歯の治療を受けている人が増えています。大切な歯を守るためには、定期的に予防歯科の診療を受けることが大事です。部分入れ歯は総入れ歯に比べると、違和感が少なく、慣れるのも速いのが特徴です。信頼できる歯科クリニックを選ぶと、歯や顎の形状に合わせた部分入れ歯を作ってくれるので、食事を楽しめるようになります。総入れ歯に比べると、発音などに影響がないことが多いです。数多くの歯科クリニックがありますが、地元で評判の高い所を選ぶと、衛生管理を徹底しているので、安全性の高い治療が受けられます。ブリッジに比べると治療期間が短く、費用も抑えることが出来ます。

広告募集中